本文へ移動

ブログ

施設のできごとや行事、イベントなどの様子を更新していきます。

プリセットバナー

ブログ

自己理解からの就職活動

2022-08-31
就労支援利用のおもな流れ
おはようございます。
発達障がいの人への就労支援をサポートしますboisoon(ボイソーン)です。

NPO boisoonでは、障がいを持つ方々が自らの能力を最大限に活かし
自立した質の高い生活を送ることができるように支援しております。

資格取得などもサポートし、さまざまな場を提供することで
生産活動を通して労働の喜びを分かち合いながら社会への参加を実現します。

働きづらさは『就労支援』で解消できます。
発達障害の人には働きづらさがありますが、『就労支援』を受けることで、その多くを解消することができます。
就労支援に相談し、各種の支援を積極的に活用しましょう。

まず、相談や検査を通じて、自己理解を深めます。
支援者に相談。

就労支援は、支援者に相談することからはじまります。
まずは支援機関に行って、仕事のことや発達障害のことを支援者に伝え、どのような支援が受けられるか、聞きましょう。

相談時によくきかれること
・どのような仕事をしたいか
・過去にどのような仕事をしたか
・働く上で困っていること

相談する→検査を受ける
最初は相談から、就労相談を無料で受け付けている支援機関もあります。予約制のところが多いので、事前に問い合わせをしましょう。

支援機関で、GATB(一般職業適性検査)などの検査をうけられる場合があります。検査の結果をふまえて、さらに相談を進めていきます。

相談をすることで、本人も支援者も理解が深まります。
相談や検査を通じて、本人の自己理解が深まります。自分の得意不得意や、働いていくための課題、これからすべきことなのが、少しずつみえてきます。

本人は自己理解が深まります。
自分の能力や職業適性などへの理解が深まります。自分を客観的にみらえるようになっていきます。

支援者は本人の人となりを知ることができます。
支援者にとっても理解のきっかけとなります。相談に来た人となりをしることができます。

ニーズを確認することが重要です。
支援者が相談や検査などを通じて、本人の特徴を確認・評価することを「アセスメント」といいます。

支援者は、とくに本人のニーズ(必要としていること)の確認を重視していきます。

支援者は、本人が働いていく上で、どのような支援やが必要になるのかを考え、それにそって個別での支援計画をたてます。

本人は支援者に相談する際、ふだん困っていることを、遠慮せずに伝えていきましょう。

ADHDの子との関わりが難しい、働きづらいと悩まれている方、まずは就労支援のNPO boisoonにご相談ください。
お問い合わせお待ちしております。

▶お問い合わせはこちら
http://boisoon.jp/publics/index/5/

サイクル型の就労支援

2022-08-31
就労支援利用のおもな流れ
おはようございます。
発達障がいの人への就労支援をサポートしますboisoon(ボイソーン)です。

NPO boisoonでは、障がいを持つ方々が自らの能力を最大限に活かし
自立した質の高い生活を送ることができるように支援しております。

資格取得などもサポートし、さまざまな場を提供することで
生産活動を通して労働の喜びを分かち合いながら社会への参加を実現します。

働きづらさは『就労支援』で解消できます。
発達障害の人には働きづらさがありますが、『就労支援』を受けることで、その多くを解消することができます。
就労支援に相談し、各種の支援を積極的に活用しましょう。

支援①、適職をみつけて『就職』を成功させよう。
発達障害の人の場合、本人の特徴、特性に合った仕事を選ぶことが重要です。

発達障害の人が就職するとき、もっとも重要なのが『ジョブマッチング』
言葉の通り、自分に合う(マッチする)仕事をみつけることです。
就労支援では、初期の段階から仕事のマッチングを考えることが大切です。

ジョブマッチングを支援者とともに考えていきましょう。
まず、支援者との相談や、職業適性などの検査・評価。本人は支援者とともにその結果を確認し、自己理解につなげていきます。

そして各種の活動を理解していきます。
本人がパソコンなどをつかったオフィスワークやグループワークなどに参加。自分の特性や職業適性をさらに理解していきます。

さらに、実習や就職活動に進みます。
徐々に職場実習や就職活動に取り組みます。そこでみつかった課題を次の相談・評価につなげて、就労へのステップをふんでいきます。

相談結果を実習や就職活動に取り入れ、その成果を次の相談に活かすというように、サイクル型で支援が行われます。

ADHDの子との関わりが難しい、働きづらいと悩まれている方、まずは就労支援のNPO boisoonにご相談ください。
お問い合わせお待ちしております。

▶お問い合わせはこちら
http://boisoon.jp/publics/index/5/

ジョブマッチングの重要性

2022-08-31
就労支援利用のおもな流れ
おはようございます。
発達障がいの人への就労支援をサポートしますboisoon(ボイソーン)です。

NPO boisoonでは、障がいを持つ方々が自らの能力を最大限に活かし
自立した質の高い生活を送ることができるように支援しております。

資格取得などもサポートし、さまざまな場を提供することで
生産活動を通して労働の喜びを分かち合いながら社会への参加を実現します。

働きづらさは『就労支援』で解消できます。
発達障害の人には働きづらさがありますが、『就労支援』を受けることで、その多くを解消することができます。
就労支援に相談し、各種の支援を積極的に活用しましょう。


支援①、適職をみつけて『就職』を成功させよう。
発達障害の人の場合、本人の特徴、特性に合った仕事を選ぶことが重要です。

先ほどの話を踏まえて支援①の基本をお話ししていきます。

発達障害の人が就職するとき、もっとも重要なのが『ジョブマッチング』
言葉の通り、自分に合う(マッチする)仕事をみつけることです。
就労支援では、初期の段階から仕事のマッチングを考えることが大切です。

まず、自分の特性を知りましょう。
本人は支援者との相談を通じて、自分の特性を理解する。
それが仕事上、どんな長所や課題につながるかを考えます。

そして、いろいろな仕事を知ります。
相談や実習などを通じて、社会にさまざまな企業や職種、働き方があることを知ります。見識を広げることで、選択肢が増えます。

そうすると、自然にジョブマッチングを考えることができます。
支援者と相談しながら、自分と仕事のマッチングを考えれます。
自分や仕事への理解が深まれば深まるほど、適切なマッチングができるようになります。

就職の支援は本人が最初に就労支援の相談をしてから、各種の活動をへて実習や就職活動に臨み、就職を成功させるためのサポートです。

具体的な方法や効果は一連の流れのなかで、成功の鍵となるのは、ジョブマッチング。
本人と支援者が、相談や実習などを通じて、本人にあった『適職』を考えていくことです。

得意不得意があるからこそ、マッチングが重要になります。
発達障害の人にはさまざまな特性があります。

得意不得意がはっきりと出やすく、仕事の向き不向きも大きく分かれがちです。
そのため、本人が特性を具体的に理解し、自分にあった仕事を探すことが重要になります。

ADHDの子との関わりが難しい、働きづらいと悩まれている方、まずは就労支援のNPO boisoonにご相談ください。
お問い合わせお待ちしております。

▶お問い合わせはこちら
http://boisoon.jp/publics/index/5/

本人も企業も利用できる3つの就労支援

2022-08-31
就労支援利用のおもな流れ
おはようございます。
発達障がいの人への就労支援をサポートしますboisoon(ボイソーン)です。

NPO boisoonでは、障がいを持つ方々が自らの能力を最大限に活かし
自立した質の高い生活を送ることができるように支援しております。

資格取得などもサポートし、さまざまな場を提供することで
生産活動を通して労働の喜びを分かち合いながら社会への参加を実現します。

働きづらさは『就労支援』で解消できます。
発達障害の人には働きづらさがありますが、『就労支援』を受けることで、その多くを解消することができます。
就労支援に相談し、各種の支援を積極的に活用しましょう。

そこで支援者とは具体的にどんな人かをご説明します。
支援者によって専門分野が異なります。
就労支援機関の職員など、支援に関わる人のことを『支援者』と表現しています。支援者とは職種を指す言葉ではなく、支援する全般の総称です。
実際の肩書きは、支援機関の相談員やスタッフなど、さまざまに異なります。

支援者というのは一定の資格ではないため、知識や専門分野は人それぞれです。
自分に合う支援者と出会えるように、さまざまな窓口に相談してみましょう。

発達障害にくわしい人
精神医学や心理学の専門的な知識をもつ支援者もいます。
精神保健福祉などの資格をもっている人もいます。発達の特徴や特性、支援について具体的な話が聞けます。

就労支援に詳しい人
就職活動や各種制度など仕事関係の知識が豊富な支援者もいます。
職場環境の調整や制度利用について具体的な話が聞けます。

もちろん、発達障害、就労支援にも両方詳しい人も増えてきています。

そこで本人も企業も利用できる3つの就労支援を紹介していきます。

支援①、適職をみつけて『就職』を成功させよう。
発達障害の人の場合、本人の特徴、特性に合った仕事を選ぶことが重要です。

支援機関に相談しながら『適職』を探していきましょう。

ケースを踏まえてお話ししていきます。
Aさんは現在20代の女性です。
大学卒業後、介護関係の仕事を希望し、介護施設に就職。
しかし、作業のペースが先輩職員と合わず、そのせいで度々叱られ、職場が自分に合わないと感じて、退職しました。

その後、別の施設に勤めましたが、そこでもうまくいかずに退職。
自信を失い、精神的な不調を感じて病院へ行きました。
Aさん本人はうつ病と考えていましたが、診断は発達障害のASDでした。
Aさんは診断を聞き、戸惑いました。

病院で発達障害の冊子をもらい、読んでみると確かに自分に当てはまる部分が多くありました。
冊子には支援機関の情報もあったため、相談してみることにしました。

Aさんは、仕事の悩みを就労支援事務所に相談。支援者の勧めで就労移行支援を受けることにしました。
食品工場などで実習を行い、自分に合う仕事を探していきました。

数回の実習をへて、Aさんは対人折衝の多い、介護施設よりも食品などの工場の方が自分に合うと感じました。
その実感をもとに就活をして、工場での就職が決まりました。

ここでのポイントは、自分に合う仕事を探すためには、考えたり相談するだけではなく、職場で体験や実習をすることも重要です。
実際に仕事をしてみると、自分の得意なことや課題がわかります。

ADHDの子との関わりが難しい、働きづらいと悩まれている方、まずは就労支援のNPO boisoonにご相談ください。
お問い合わせお待ちしております。

▶お問い合わせはこちら
http://boisoon.jp/publics/index/5/

就労支援利用のおもな流れ

2022-07-25
就労支援利用のおもな流れ
おはようございます。
発達障がいの人への就労支援をサポートしますboisoon(ボイソーン)です。

NPO boisoonでは、障がいを持つ方々が自らの能力を最大限に活かし
自立した質の高い生活を送ることができるように支援しております。

資格取得などもサポートし、さまざまな場を提供することで
生産活動を通して労働の喜びを分かち合いながら社会への参加を実現します。

働きづらさは『就労支援』で解消できます。
発達障害の人には働きづらさがありますが、『就労支援』を受けることで、その多くを解消することができます。
就労支援に相談し、各種の支援を積極的に活用しましょう。

就労支援を受けるには、まず医療機関や小老支援機関に相談し、支援を受けましょう。
基本的には、支援を受けるには医療機関などの診断者が必要になることもあります。
医療機関や就労支援機関にまずは、相談してみましょう。

発達障害の人が企業などへの就職を目指す場合、各センターや各事務所などで障害のある人への専門的な就労支援を受けることができます。
医療機関や相談機関、就労支援機関などに、働きづらさを相談し、その背景を確認しながら、自分にあった就労支援を探していきましょう。
利用の流れは…

1、働きづらさを相談
医療機関やハローワークなどに働きづらさや、その背景に発達障害の可能性を感じることなどを相談する。

2、働きづらさの背景を理解する。
相談を通じて、本人が働きづらさの背景を理解していく。発達障害の診断の有無など、状況に応じて、自分に合った就労支援機関を紹介してもらおう。

3、就労支援機関に相談する。
専門の就労支援機関に連絡する。予約をとって相談に行き、どのような支援が受けられるか、その条件や内容を聞きましょう。

4、支援内容や利用条件をきく。
就労支援機関で、支援の詳細を聞きます。内容や条件、期間、費用などを確認する。

5、支援の利用を申請する。
支援の利用を申請。診断書などの必要書類を用意して提出します。

6、就労支援を受ける。
就労支援機関などに通って支援を受け、就職や職場定着を目指します。

ひとことで発達障害の人の就労支援といっても、内容や期間、費用などは機関や型式によってさまざまに異なります。
相談をしながら、よく話し合って、条件や内容を理解しましょう。

ADHDの子との関わりが難しい、働きづらいと悩まれている方、まずは就労支援のNPO boisoonにご相談ください。
お問い合わせお待ちしております。

▶お問い合わせはこちら
http://boisoon.jp/publics/index/5/

ブログ

テキストバナー

〒821-0012 
福岡県嘉麻市上山田1359番地1
電話 0948-52-2411
FAX 0948-52-2433
TOPへ戻る